歴史・沿革

一味真のはじまり

昭和6年5月、蒲鉾製造販売業を開始し、第二次大戦中一時中断したものの戦後直ちに、尼崎市難波南通6丁目150番地で和田八蒲鉾店を再開し、尼崎市蒲鉾工業組合に加盟、理事等を歴任し、兵庫県蒲鉾業界に貢献、「かまぼこの和田八」の基礎を確立した。

和田八の歴史・沿革

和田八の歴史・沿革

  • 昭和23年2月
    大阪市北区曽根崎中2-7に梅田営業所開設
  • 昭和27年5月10日
    株式会社和田八として株式会社に改組
  • 昭和28年3月
    大阪高麗橋三越百貨店に出店
  • 昭和28年4月
    大阪有名大店会に加盟
  • 昭和34年
    全国蒲鉾品評会に於て油揚げかまぼこが農林水産大臣賞受賞
  • 昭和35年
    全国蒲鉾品評会に於て焼抜きかまぼこが農林水産大臣賞受賞
  • 昭和36年8月
    大阪市北区空心町2丁目91番地に店舗並びに製造工場を建設する
  • 昭和38年11月
    大阪梅田地下街(ウメダ地下センター)に出店
  • 昭和39年8月
    阪神電鉄尼崎駅(尼センデパート)に出店
  • 昭和40年4月
    株式会社和田八蒲鉾店代表取締役社長に和田まこが就任する
  • 昭和44年11月
    阪急電鉄梅田駅(阪急三番街川のあるまち)に出店
  • 昭和45年11月
    大阪難波地下街(虹のまち)に出店
  • 昭和47年4月
    大阪市市街地改造計画により大阪営業所梅田店を閉鎖し、大阪市北区曽根崎新地2丁目6番地に移転し北新地店として営業する
  • 昭和48年6月
    株式会社和田八蒲鉾店代表取締役社長に和田功が就任する
  • 昭和48年7月
    商号を現在の「株式会社和田八」に変更する
  • 昭和49年2月
    大阪市淀川区三津屋北3丁目3番71号に淀川工場を建設
  • 昭和50年10月
    大阪難波高島屋百貨店に出店
  • 昭和51年11月
    和田功が和田八蒲鉾製造株式会社設立登記
  • 平成9年2月8日
    代表取締役和田功逝去により、創業者和田八次郎の次女末澤多美子が株式会社和田八・和田八蒲鉾製造株式会社を継承する
  • 平成9年4月1日
    株式会社和田八と和田八蒲鉾製造株式会社の共同体で、大阪市西淀川区中島2丁目10番28号に新工場を建設する
    同年8月26日完成する
  • 平成11年8月
    尼崎市武庫町に出店
  • 平成13年10月
    和田八蒲鉾製造株式会社 代表取締役社長に創業者故和田八次郎の孫末澤市子が就任する
和田八の歴史・沿革
創業者:和田八次郎
宮内庁御用達として、浩宮様(現皇太子殿下)の初節句に東宮御所へお祝いの蒲鉾をお納めする時の写真。
和田八の歴史・沿革
和田功 (創業者長男)
先見的視野で世界に良質の魚を求め、 すり身と蒲鉾の技術指導を積極的に行った。 写真は1990年頃タイで撮影された一枚。